通販で買えるレベレッテは飲み続ける必要がある

通販を利用する女性 きちんと服用するだけで高い避妊効果を得られるという大きな魅力があるレベレッテ。

低用量ピルを用いた避妊方法は、女性主体で行える避妊方法として世界中の方々に知られています。

また、避妊以外にも生理に関する悩みや肌荒れなど、女性特有の悩みの改善を目的としても服用されています。

低用量ピルの1つであるレベレッテでもこういった効果が期待できるため、レベレッテは女性の心身の健康をサポートしてくれる効果があるといえます。

 

レベレッテは、何か特別なことをしなくても簡単に使うことができます。

1回の服用量も少ないので使いやすく、大きな無理をしなくても自然と毎日の生活に取り入れられます。

しかし、月経が始まってから24時間以内と服用するタイミングが決められていたり、毎日一定の時間に服用しなくてはならなかったりと、細々としたルールが決められています。

さらに、しばらく服用を続けたあとに休薬期間を挟まないといけないため、場合によっては飲み忘れが発生してしまうことがあります。

 

優れた効果を持っているレベレッテですが、飲み忘れがあると効果が半減してしまいます。

避妊を主な目的として服用していた場合、せっかくの避妊効果が薄れてしまい、避妊に失敗してしまう危険性が高まります。

レベレッテをちゃんと飲んでいたはずなのに避妊できなかったなんて事態に陥ってしまうため、飲み忘れが発生しないよう気をつけなくてはなりません。

どのような目的で服用する場合であっても、レベレッテを使うときは飲み忘れがないよう気をつけましょう。

 

もし通販で買ったレベレッテを飲み忘れてしまったときは?

レベレッテは、毎日一定の時間に1錠服用するのを21日間続けます。

21日間の服用が終わったら、7日間ほどレベレッテを服用しない休薬期間を挟んで、29日目からは再びレベレッテの服用を始めます。

この休薬期間中は、偽薬を用いないので気をつけないと飲み忘れが発生してしまう可能性があります。

休薬期間に入る際は、何日頃からレベレッテの服用を再開するか事前に明らかにしておきましょう。

 

もし、飲む予定だったレベレッテを飲み忘れてしまった場合は、気付いた時点で飲み忘れていた分をすぐに服用してください。

その日に飲む分は普段の時間どおりに服用し、以降も通常どおりのペースで服用を続けてください。

しかし、1回に飲み忘れていた分も含めて2錠服用しないよう注意してください。

 

飲み忘れてから24時間以上経っていた場合は、飲み忘れに気付いた時点で服用を一旦中止してください。

レベレッテの効果を一度リセットし、次の月経が来たら再び1日1回のペースで服用を始めます。

このとき、それまで使っていたシートではなく新しいものを使用するようにしてください。

 

通販のレベレッテの飲み忘れを防ぐために

通販を利用する女性レベレッテの効果を最大限に得るためには、飲み忘れが発生しないようにするのが一番です。

途中で飲み忘れたりすることなく、しっかりと服用を続けることで確実に避妊を行い、パートナーとの性行為に安心して望めるようになります。

そのため、レベレッテを服用する際は途中で飲み忘れが発生しないよう、工夫しなくてはなりません。

服用した日に手帳へ印をつけておく

レベレッテの飲み忘れを防ぐ方法のうち、もっとも簡単なのが服用した日を可視化することです。

いつ頃飲んだかを目で見てわかる状態にしておくことで、その日の分をきちんと飲んでいるかひと目で確認することができます。

休薬期間に入った際は、何日頃から服用を再開すればいいかすぐにわかるので、気付かないうちに休薬期間が明けていたといった事態を防げます。

 

服用した日に印をつけるものは、日々の生活の中で目にする機会が多いものを選びましょう。

わかりやすく印をつけやすいのはカレンダーですが、レベレッテを飲んだ日をカレンダーに記すのは抵抗を覚えてしまう場合もあるでしょう。

その場合は、普段使っている手帳やスマホのカレンダーアプリなどを利用するようにしましょう。

スマホのカレンダーアプリの場合、アラーム機能も併用して服用再開日をお知らせできるため、より飲み忘れが発生しにくくなるといえるでしょう。

ライフスタイルに合わせて服用する時間を決める

服用した日をわかりやすくする他にも、服用する時間をライフスタイルに合わせるのも重要です。

何度も触れているように、レベレッテは毎日1錠を服用しなくては十分な効果を得られない医薬品です。

自分が服用しにくい時間に服用すると、うっかりレベレッテを飲み忘れてしまう可能性が高まります。

そのため、特別意識したり無理をしたりしなくても服用できる時間やタイミングを選んで服用しましょう。

 

レベレッテで避妊をしようと決めたときは、まず自分のライフスタイルを見直してみましょう。

どういったタイミングは服用が難しそうか、どういったタイミングなら無理なくレベレッテを服用できそうか考え、もっとも無理のないタイミングを選びましょう。

起床時や就寝前など、わかりやすいタイミングでレベレッテを服用し、飲み忘れが起きないよう気をつけましょう。

 

レベレッテは通販である程度買い置きしておこう

飲み忘れが発生してしまう原因の1つには、途中でレベレッテがなくなってしまうといったものもあります。

途中で手元にあったレベレッテがなくなってしまった場合、途中で新しいものを購入しなくてはなりません。

通販なら病院に行かなくてもレベレッテを手に入れられますが、いつでも好きなときに手に入れられるからこそ、新しいものを買い忘れてしまう可能性があります。

レベレッテを取り扱っている通販では、一般的な国内の通販のように数日でレベレッテが送られてくることはありません。

最低でも1~2週間ほどの時間がかかるため、買い足しを忘れてしまうと長期的な飲み忘れに繋がってしまいます。

 

このような失敗からの飲み忘れを防ぐために、レベレッテはある程度の数をまとめて購入しておきましょう。

レベレッテの通販では、利用者が必要な数を決められるのでレベレッテのまとめ買いを簡単に行うことができます。

一度に購入できる量には限りがありますが、ある程度まとまった数を一度に購入しておけるため、買い足す手間を省くのに繋がります。

さらに、途中でなくなってもすぐに次のレベレッテを服用できるため、スムーズに服用を続けられます。

まとめ買いによってレベレッテを安く手に入れることもできるので、続けてレベレッテを服用する予定がある方はまとめ買いをしておくことをおすすめします。

 

飲み忘れに気をつけながら通販のレベレッテを使おう

通販を利用する女性1日1回のペースで服用を続けるだけで、簡単に避妊効果を得られるレベレッテ。

無理をせず毎日の生活の中に取り入れられますが、レベレッテは途中で飲み忘れてしまうと効果が半減してしまう性質があります。

途中で飲み忘れてしまっていたことが原因で避妊に失敗してしまう可能性もあるので、レベレッテを使う際は飲み忘れが発生しないよう気をつけましょう。

カレンダーや手帳に印をつけたり、レベレッテを服用するタイミングを自分のライフスタイルに適したものにしたりしましょう。

また、ある程度の量をまとめて購入しておくことで、追加分の買い忘れを防ぐのも効果的です。

自分に適していると感じる方法で飲み忘れを防ぎ、通販のレベレッテを忘れずに服用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました